facebookの友達情報を非表示にする方法とテクニック

facebook 友達 非表示

 

facebookは、匿名ではなくて実名で基本的に登録をします。その為、友達検索で相手を探すことが容易に出来るのです。

 

そうしたメリットもある一方で実名だからこそ困ってしまうこともあります。それは友達の一覧表示です。facebookのデフォルトの状態では、友達一覧が見られることになります。

 

これは、自分がどういった人の友達なのかという情報を、他の人にも見られてしまうことになります。これは潜在的な友達を見つけることが出来やすいというメリットがありますが、逆に誰でも見られてしまうので、プライバシーという観点から見ると抵抗があるものです。

 

そこで、友達の公開を制限する方法についてご紹介していきます。

 

 

facebookで友達公開を簡単に制限できる

 

facebookでは友達リストの公開をどうするかを自分で設定することができます。誰にでも見せることができたり、特定の人のみの場合など様々なパターンを設定することができます。

 

 

まず、facebookのトップページにある「自分の名前」をクリックします。そこから[友達]の欄をクリックすると友達一覧ページが表示されることになります。

 

そして[編集]ボタンや鉛筆マークをクリックすることで[プライバシー設定を編集]という項目が表示されています。

 

facebook 友達 非表示

 

 

すると、自分の友達リストを見れる人の「公開範囲」を設定することが可能となります。

 

facebook 友達 非表示

 

誰にも見られたくないのであれば非表示にすることで自分の友達が誰なのかを知られることはなくなります。

 

プラバシーの情報になりますので、自分の友達の情報を相手に知られたくない場合などに利用することができます。

 

 

facebookの友達非表示は覚えておこう

 

この友達非表示の方法は、教えてもらわないと自分では中々気付きにくい部分になります。ですので多くの人は友達一覧をそのまま表示してしまっている人が多いのです。

 

 

これをしっておくことである程度のプライバシーを守ることができるでしょう。SNSはとても便利なのですが、トラブルも報告されています。

 

使い方を誤れば大きなトラブルに巻き込まれる可能性がありますから自分で自分を守るという意味でも友達非表示を覚えておくことが良いでしょう。