facebookの正しい使い方を1から順番に解説します

facebook 使い方

 

全世界で10億人以上が使っているとされているのが、facebookです。身近な近況や、日記程度の簡単な文章などを書き込むことができ、気軽にコミュニケーションを取れる道具として急速に人気となりました。

 

名前は知っているけど、使い方が分からないと悩んでいる人も多いでしょうし、今更人には聞けない・・・と考えている人もいることでしょう。実は、使い方はとても簡単で誰でも気軽に始めることができるのです!今回は、facebookの使い方について説明していきます。

 

 

facebook使い方@:登録〜プロフィール設定

 

facebook 使い方

 

まずは、facebookに登録をしないと何も始まりません。メールアドレスさえあれば誰でも参加することができますが、登録する際には実名のみとなっている点に注意が必要です。facebookは基本的に実名で登録するスタイルを採用しているので、それに従いつつ登録をしていきます。

 

facebookのトップページにアクセスをして、アカウント登録を行います。その際には書かれている必要事項を全て埋める必要があります。と言っても難しい項目はなく、名前、メールアドレス、パスワード、性別、生年月日のみです。迷うことなく入力することができるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

 

さて、facebookの登録が完了したら次にプロフィールを入力することになります。facebookでは、このプロフィールを多くの人が参考にしていますので、充実させることで共通の趣味を持つ人と繋がりを持ったり、学生時代の同級生と偶然にも知り合えるキッカケにもなります。少し項目が多くて面倒だと感じる場合には、最低でも「職業、旧姓、写真、出身学校、自己紹介文」だけでも登録しておくと友達の輪が広がります。

 

 

facebook使い方A:アカウント設定〜友達と繋がろう

 

facebook 使い方

 

さて、プロフィールまでが入力が終わりましたら、アカウントの設定をしておきましょう。設定方法は、ログインをしたfacebookのトップページの一番右にある▼マークをクリックします。すると[設定]という項目がありますから、そこをクリックします。そして、設定を変更したい項目を選んで入力することで、アカウントの設定が完了します。そのままでよければ何も変更する必要はありません。

 

ここまでくれば、いよいよ友達と繋がることができます!facebookは友達とのコミュニケーションを取るのに最適な道具ですから、積極的に友達を見つけましょう。友達の探し方の基本として覚えてもらいたいのが「名前で検索」です。

 

スポンサーリンク

 

使い方は簡単で、facebookへログインし上部にある検索バーに探したい友達の名前を入力します。このときに大事なのが「漢字」と「ローマ字」で検索してみることです。漢字が間違っていた場合には検索結果として表示されないことがあるので、ローマ字でも試してみましょう。

 

そして次にオススメなのが「友達の友達リスト」から自分との繋がりがある人を見つける方法です。友達が繋がっている人の中には、もしかしたら自分のトモダチがいるかもしれません。検索する必要もありませんから、気軽に、そして簡単に見つけることができるのでとても便利です。

 

 

facebook使い方B:投稿してみよう!

 

facebook 使い方

 

ここまで準備が整えば、あとは自分の近況を伝えるために投稿をしましょう!facebookでは簡単に投稿をすることができます。使い方としては、ログインをしたfacebookにニュースフィードの「今どんな気持ち?」と書かれた吹き出しマークがあります。ここに直接文章や写真、URLなどを入力することができます。

 

これらを使うことにより、自在に自分の近況や伝えたいニュースや画像、動画などを送ることができます。相手がそれを見て感動したり参考になった場合などは[いいね!]と共感をしてくれますので、繋がりを感じることができるでしょう!

Facebookで出会いを探す方法!素敵な恋人の見つけ方

facebook 使い方 facebookの足跡を確認する方法を紹介します。facebookには、訪問者がどんな人であるかを知ることができる「足跡」のような機能は付いていません。実は、友達のみですが、facebookでの足跡を知る方法が存在するので・・・

≫続きを読む

 


他にこんな記事も読まれています



スポンサーリンク


フェイスブックが危ない


facebook足跡




facebook検索の友達関係


facebookの使い方


facebook 使い方LINEの裏技《子供は見ちゃダメ》